期待します!オメガ至臻天文台新海馬が登場!

まず、私たちは文字盤内の表示によって大体この腕時計を知ることができます。上から下まで、まず見たのはOMEGAブランドのlogoです。続いてsemasterは海馬シリーズを指します。次に見たのはプロフェッサーです。これは専門のダイビングリストです。

文字盤の真ん中には、ジルコニアという意味で「ZrO 2」が見られます。この腕時計は新しい陶器の文字盤を採用しています。これは古いタイプとは違って、革新的なものです。そして、セラミックの盤面は光の下で非常に明るく、革新的なレーザー彫刻の水波模様は文字盤の立体感と視覚効果をより強くします。

さらに下を見ると、CO-AXIALが表示されます。この腕時計はオメガの同軸ムーブメントを搭載しています。MASTER CHRONOMETERは腕時計が認証されました。この腕時計はオメガ8800の同軸ムーブメントを使用してボールベアリング自動陀、55時間動力、至臻天文台認証、反磁性15000ガウス、カレンダ急調整機能が搭載されています。

Orisの復古感情–65年復刻版潜水腕時計

ここ数年来、時計界の「復古」ブームが盛んで、歴史に基づいたブランドが復古版を生産しています。2015年には、Oris豪利がバーゼルビッグサイトでDivers Sixty-Fiveのモデルを発表しました。そのデザインは1965年に発売された初期のダイバーズウオッチに由来します。初めてこの表をご覧になると、復古の一方向回転アルミ製のダイビング歯輪、クラシカルなアクリル調の凸面表蒙(今はサファイアガラスに変えました)、古いベージュの夜光目盛りを作ります。全部五六十年代の古典元素です。

これはすぐにオメガ、ロレックスの定番を思い出しました。

しかし、遠くから眺めると、ポパー50チョウザメという感じがします。レトロな独特な味わいが溢れています。

腕時計の水が入るのは普通どこですか?腕時計の水が入ったらどうすればいいですか?

1、腕時計の水が入るのは普通どこですか?

腕時計は、時計のチェーンの他に、腕時計の吸水に関する外部の主要部品としてあります。腕時計の前後カバー、腕時計の本体と外部のつまみです。だから、腕時計の水を入れる防水設備もここに入れて、柄にゴムの輪を入れて、密封輪、柄管などの部品の後蓋のねじのそばにゴムの輪を入れて、そして時計の鏡を厳密にします。これらのデザインのアイデアがあれば、腕時計の水が入らないようにします。

2、腕時計が水に入る原因

しかし、防水設備に問題があれば、これらの部品の接続位置は腕時計の水が入るところです。

表の前後のカバー:時計の鏡と表の後蓋の密封性は完全に壊れていますか?上のシールリングは破損していますか?使えないですか?時計の鏡にひびが入っているなどの原因がありますか?

表の各ボタンの位置:ボタン部品の内部の密封性は完全無傷ではありませんか?この部位はすべて密封性が比較的に解決しにくい1つの位置で、多くの腕時計の水が入るのは通常ここから入るのですか?

3、腕時計の水はどうやって判断しますか?

腕時計が水に入るのも程度の問題です。水をごく少量入れたり、比較的湿っぽい空気を入れたりしたら、温度差が大きい環境にぶつかると、鏡の中に霧ができます。霧が目に見える水滴や面積が大きく、すでにすべての時計のレンズを敷き詰めている場合は、腕時計が水に入っていると判断できます。特に腕時計は以前に水に触れたことがあります。例えば腕時計をつけて手を洗ったり、雨に降られたりしたことがあります。その後、鏡に霧がかかったことがあります。これは明らかに腕時計が水に入るということです。