闇の星品図鏡R -ワンピースシリーズのカウントダウンリスト

私たちの目に映るレーダー表には、機械の内核が現代感のある外装に包まれていて、少しも違和感を感じないのが特徴だ。これはレーダー自身の道で、自分のスタイルを見せて、いつまでも違う。これによって、レーダーR -ワンピースシリーズの62.025 1.3.1となっており、そのスタイルを大きく伸ばしている。

スイスのレーダーR -ワンピースシリーズは、様々なハイテク素材を、ごく普通の方法で巧みに一体化している。精巧なタイマーの外観は、銀色の金属と氷の線と、深い神秘的な黒い背景に輝いている。

スイスのレーダーR -ワンピースシリーズは、世界最小のカウントダウンの1つを搭載したRA 2094機軸を搭載しており、動力を37時間貯蔵し、実用的なカレンダー機能のほか、60秒、30分と12時間の3種類のカウントダウン機能を備えており、より正確なコントロール時間を助けることができる。

世界の名表の殿堂に通じるジュネーヴの鍵

ジュネーヴは歴史の長いヨーロッパの都市で、西暦121年に成形され、最も早いのは、ローマ帝国のケルテルの「蛮族」の軍事前哨に抵抗しています。中世時代は神聖ローマ帝国とフランス王国の辺境都市で、一定の自治権を有していた。16世紀の宗教改革が始まった時に、ジョン?ガルビンはジュネーヴの宗教指導者となり、ジュネーヴも新教の聖地となり、ジュネーヴ市や周辺村が実際の独立王国となった。時計業は、1600年ごろから出端し、ジュネーヴで最も有名なマーク性手工業となっている。約2百年の独立を経て、ナポレオン陛下の時期になったジュネーヴは、その「ヨーロッパ」皇帝に征服されかねない。1815年まで、ナポレオンは連合軍に敗れた後に正式にスイス連邦に参加して1つの州になった。1815年にジュネーヴの州の紋章と旗が正式に確定して、左側は神聖ローマ帝国の雄タカを代表して、右側はキリスト教の先賢の聖ピーターの“天国の鍵”を象徴します。

この図案は完璧にジュネーヴの出所を解釈して、寓意俗世の王国と宗教の精神の結合はずっと今まで使われてきた。その完全なバッジの図案はまた盾の図案の頂上の1つの太陽の王冠を含んで、そして両側のジュネーヴの都市の箴言「Pot TenBres Lux」(ラテン:暗黒の後に、すなわち光である)。下図は19世紀半ばに鋳造された銅のジュネーヴバッジである。

このようなジュネーヴのバッジ、あるいはジュネーヴの印、フランス語の中ではPoin Cのon de Gennenveで、1866年にジュネーヴの時計業公会によって採用されて、生産した時計の製品の中に類似のシンボルを印刷することを考えて、非常に繁雑な製造技術と材料の標準を満たす必要があります。この時から、ジュネーヴの刻印はトップクラスの象徴となった。生産がジュネーヴの範囲内で生産されなければならないため、常にジュネーヴの刻印申請を申請した表工場は極めて少なく、主にダブリーリー(現在は単独で自分のPPの印を創立している)、江詩ダントン、ロジャードゥのむこう、ショパン、カルティエなどの数社の数社である。このいくつかの時計工場の中で、一部の製品だけがジュネーヴの印を申請することができて、本当に要求が高いため、ロジャードゥのすべての製品はすべてジュネーヴの印を持っていて、その年間生産高は4000 – 5000枚の間にあります。スイス時計工業連合会のデータによると、1866年に創立されて以来、全世界で130万枚の時計製品だけがジュネーヴの刻印を持っている。

時計の歴史の長い回廊は行かなければならない7つの博物館

時計の心の中の心の中の聖地の汝が谷間を引いて広野、牛の群と冷杉の木を除いて、更に1段の百年時計の伝奇を生んで、あなたにこの生は必ず7駅の時計博物館の旅に行くことを推薦して、観光暦でスイスの風景のあまりを鑑賞することを推薦して、あなたは気楽にスイスの製表業の歴史と伝奇を理解することができます。これから、あなたは表の今生を持っているだけでなく、その前世を深く知って、それが最も誇示と分量の価値に値するのです。

時計の後ろの時間哲学

なぜ時計は携帯電話やパソコンなど、さまざまな時間の代替品の挟撃で完璧に逆襲するのか。人は時計や愛表を買うのはなぜですか。今まで、時計は工芸の最も精密で、文化の内包が最も豊富な贅沢品で、数百個の部品は方寸の間で計器になって、時間と生活の品質、生命の体験につながっている。そして、1つの表と1つの宝石の価格が都市と同じではありません。時計の価値は、人類の知恵の結晶と、比類のない精緻な工芸、ブランドの背後にある歴史文化、精緻な生活の静かな体験と世代に伝わる血脈のつながりに由来します。このように、1つの時計を愛していることがわかっています。愛しているのは、飛輪、三問、万年暦だけではなく、愛はダイヤモンドやエナメルの絵だけではなく、その陰でじっくりと楽しむことのできる時間哲学だと思います。

愛の時計から本当の理解表になると思う人は、もちろんスイスに行って時計ブランドの博物館を訪れます。すべての博物館はほとんど自分のブランドの歴史を収蔵していますが、あなたは汝が谷間を引いたりジュネーヴに広がったり、スイスを出ずにスイス時計の歴史を知ることができます。時計業の発展を記録しただけではなく、時計の時計の時計「標本」と、世界で最もトップの時計の大切さがある。これはすべて人に感嘆させられます:汝を引いて谷がどんなに不思議なところで、名実ともに高級時計の天国で、面積はあまり大きくなくてこんな大きな奇跡を育んでいました。博物館の外に詩的な荘園のような美しい景色があり、広野、湖、牛の群れ、冷杉の木、館内は100 %の記録ブランドの歴史を記録し、時計文明を伝承する無価の宝物と清らかな「しずく」の声がある。

実は、これらの博物館では、最も早く設立されたのは1984年の建屋のオメガで、時間はあまり長くないが、ブランド数百年の自慢の歴史が凝縮されている。また、2001年に設立されたパタクリー博物館では、ブランド自身のすべての代表作を秘蔵し、16世紀以降のヨーロッパ製表業全体のマイルストーンの作品、ジュネーヴでも有名なエナメル製品、世界最古の時計の著作権を収集した。これらの博物館に入ってみると、目の前にある蔵品には、絶対に輝いている物語と、絶対に耐えられるものがあるということを発見します。