ロンジンの名工シリーズ怽- 2018BASEL福祿ヒップホップ

ロンジンは注目のブランド、特に中国市場で、毎年の新品表項ロンジン全体市場の行方も重要な役割を果たします;今年ロンジンの新型の中で一番注目したのは名工シリーズの1項怽。名工シリーズ2005年操業を開始後、ロンジン応用複雑な機能での地位は徐々に明らかに。このカレンダーを自動識別の大きさの月の機能、構造は簡単で、オメガカレンダー異曲同工。またV.H.P .シリーズにも今年の新型とても注目に値する。

百年盛典2018 Baselworld美度新品集計表

2018年、スイス有名な時計ブランド美度表のひゃく週年、創始以来、スイス美度表とスイスタブ業に風雨を経験した、一世紀の緻美時間。今回のバーゼル国際時計展で、スイス美度表は伝統的な美学と現代技術を組み合わせ、様々なアイテムを作成する型どおり表や新しい時計て脱帽耀目は百年の時計伝奇のように、舵取りシリーズの1939年复型どおり「中央ポインターカレンダー」限定モデル腕時計、「暮らすとき」全自動機械腕時計、指揮官は「影」の復刻腕時計や先ごろ発売の「記念日」を大暦の全自動機械式時計など、皆が目の前に見せ、次は、私たちが一緒に振り返って:
2018年、ちょうどスイス有名ブランドの時計美度表ひゃく週年。ひゃく週年を祝うブランドの耀目歴史、スイス美度表は1939年初リリースの舵取りシリーズDATOMETER腕時計をモデルには、2018年バーゼル表展の上に開発した新しいバージョンのDATOMETER腕時計――舵取りシリーズ1939年复型どおり「中央ポインターカレンダー」限定モデル腕時計。新型腕時計で復刻原版経典の特徴と同時に、新たにもっと潮流と現代感に満ちた元素。も復古経典と現代審美の完璧な結合。

オメガ皿に飛んで名典シリーズレディース腕時計- 2018BASEL福祿ヒップホップ

オメガ本当に業界では、方向標性質のブランド、それまで毎年大きく腕時計を決めている当時業界への。各シリーズから新型、すべての人はいずれも注目の一つや二つは自分にとって特別なデザイン。私個人は特に注目の1項の蝶が飛んで名典シリーズ。は搭載クォーツが、全体のデザインはとてもきれいで、超ローマ字時間尺度に文字盤に集まり、文字盤のサイドにもとてもきれいで、すべての細部にとても不足加工処理。何年もあまり気にしないクォーツが、このオメガは本当に私を愛し、がたい。もう一枚、海馬1948復刻記念モデル、大きく3針、小三針の2つのデザイン。この時計はヨーロッパを皆さんに見て見オメガの歴史、かつて経験の世の変転と昔の輝き!