演繹経典美学コメントブルガリOCTO八角形のケースは腕時計

美的ニーズの多様化につれて、設計の前衛性、腕時計は注目の材質やムーブメントの革新以外にもなって、デザインの決定の勝負。八角形のケースといっても僕らはもう知らないが、今日は皆さんにご紹介するのはこの項のブルガリOCTO八角形のケースは腕時計は、幾何学ラインの設計元素に与えた私達の新しい視覚体験。次に文章については、この静かな中に澎湃動力の美しい腕時計を探しています。
八角形の経典を演じるだけでなく幾何学のラインと腕時計の設計の完璧な応用にしながらも、愛する者たちに与えた表のサプライズも、素材からも工芸を出発し、この腕時計とは芸術の設計の模範の作。
全体の外形から上がってきて見て、腕時計を採用したバラの金あるいは精鋼材質のケース、41.5ミリの直径10.55ミリ、厚さは、ケースがつくと同素材の表ボタンと黒いワニ皮バンド。三時位置に日付表示ウィンドウ、時計、防水を100メートル。
腕時計の中で採用八角文字板デザインの腕時計が最も典型的なのはオーデマピゲのロイヤルオークシリーズやフィリップのNautilus、上図の見たとおり、三項の腕時計はケースの元素の運用にはは同工異曲の妙がないのは同じブルガリの腕時計ケース、殻やベゼルには110うどんから構成して、こんな精緻なデザインが決定しましたそれは経理多重工芸の磨き。

空を飛ぶ四項ブライトリング航空クロノ腕時計推薦

ブライトリング会社の創始者のリヨン-ブライトリングは1936年に乗せて「サンルイ精神号」による大西洋後、彼の孫ウィリー見航空及び交通に正確にカウントダウンの巨大な需要、飛行機かクラスの計器台セット生産精タイマー、それから歩いたと航空事業の生産隣の火事に騒がぬ者無し道。今ボーイングダグラスとロッキードなどの大型飛行機製造商都もブライトリングのユーザー。今日はみんなに推薦する何項のブライトリング航空クロノ腕時計。
同項の腕時計としての1項の名は体を表す航空カウントダウンを持つ腕時計、極めてはっきりして実用的な二つのタイムゾーンの表示システム、文字盤の中央の赤い先端回り、24時間目盛表示地球の反対側の時間を、そして指示する時間帯は昼も夜。ケース・バンドは全精鋼を組み合わせcal.24、自動的にムーブメント。発振週波数を288001時間で、しかも表が刻まれて世界の各大底の主要都市のタイムゾーンの区分。

独占先発直撃IWC万国芳草地アジア旗艦店開会式

2012年じゅういち月22日夜、北京僑福芳草地ショッピングセンター、贅沢な腕時計ブランドIWC万国アジア最大の旗艦店が開幕し、腕時計の家も招待されて参加した開幕の到着を報告して、僑福として芳草地都数少ないを芸術とハイエンド消費の完璧な結合のデパートで、今回が得非常に歴史淵源のIWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニーの立ち入りはやっとと連携して、祝福万国以降が人気の販売、続いて見て、私はちょうど整理しきれて到着を報告する。
イベント当日にIWC万国グローバルCEOや万国中国区総裁、有名なスターのアレック・スー、湯唯、MTV司会朱珠、監督王小帅、など有名人と各界のメディア報道に参加し。当日も発表してもっぱら万国限定発売する我が国のユーザーのオーダーメード万国星空大時計(価値500万)、同日展示。