自然界の音の音を聞いて伯爵の初EmperadorCoussinXL超薄の自動3を鑑別評定して時計を聞きます

2013年の時計の序幕はやっとちょうど引き離して、それぞれ大きいブランドはすべて次から次へと種類の非常に多い何モデルのも腕時計に目を博しに来るように出して、今日みんなの持ってくるこのモデルが物理の極限のブランドを越えるだため――伯爵は2013年始めの時みんなの展示したEmperadorCoussinXL超薄のために自動3は時計を聞いて、このシリーズの形容詞の中から私達は腕時計の自身の備えたいくつかの大きい輝点を容易に見て取れて、続いて文章を通じて(通って)入ってこの新年の世に比類のなくて珍しいの行いに来てください。

伯爵Emperador帝王の枕型の超薄の自動3は時計を聞いて、伯爵の第1の3だけが時計を聞くので、同時に伯爵所が自分で生産する第4モデルの大の複雑な機能の腕時計を研究開発するのもです。超薄の表を作成する領域の巧みで完璧な技巧の全く新しい証言は時計の極致優越している性能は永遠に志の変えないのが希求するのに対して伯爵を伝達していて、今回のこの超薄の3は自動的に腕時計の搭載する1290Pに鎖のチップに行きをもトップクラスの時計業界の珍しいトップクラスの腕時計を検証していてブランド-伯爵-所の厚い積の唯一の扉の専門の技巧を作る聞きます。

国宝級の芸術の貴重な品はショパンL.を鑑別評定しますU.C XP Urushi巳年の腕時計

巳年の到来に従って、以前は腕時計の家もみんなのために特に生まれ年の交替する出す巳年の腕時計のためバセロン・コンスタンチンを紹介することがあって、技術はこの上なく精巧で美しいとの言えて、今回はみんなが持ってくるためにChopard(ショパン)のL.ですU.C XPUrushi巳年の腕時計、熟知するL.U.C XPUrushiの友達がでも2012年にバーゼル時計展の上で出しに対して日本の“国宝”の級漆芸大家増村の紀と一KiichiroMasumura先生から日本のトップクラスの伝統の漆を採用して技術を描いてショパン設計のただ1つのジャングルのために、トラ、クジャクのこの3モデルの腕時計の印象に横になるきわめて深くて、私達が彼らのがまた(まだ)イタリアを回想するのに対してまるでまだ終わらない時、ショパンはまたその専門の巳年に製造する精巧で美しい腕時計を持っていてゆっくりと歩いてきます。
日本のトップクラスの伝統の技術はスイスのトップクラスと派手な表を作成する技術は互いに結合して、L.U.ここからC XPUrushi腕時計は誕生します。東方と西方の2項のトップクラスの技術は発生した美感に解け合って言葉や表情に現れて、ただやっと心底から理解することができるのを目撃します。増村の紀と一郎先生は日本のホール級の芸術家で、それが日本の伝統の技術の漆で描いて植えて領域のすばらしい業績を描くため、日本政府に“世の中の国宝”の芸術の大家に選ばれます。日本の“世の中の国宝”の芸術の大家の称号は1950年に始って、日本政府が奨励が伝統の文化と遺産、伝統の技術を伝承するおよび方面に際立っている貢献の人を作り出すために設立するのです。日本の伝統の漆は描いて当然この列、そのシンプルでなめらかな美感とショパンL.にありを描いて植えますU.CXPシリーズの超薄の腕時計の風格は完璧に符合します。

“金銭を崇拝する”のなくてはならない5モデルの10万元以内の高貴らしさの金はおすすめを表します

金が表すのは始まってから結局はまで(に)すべて多くの人の追求する対象で、しかし現在から見てこの人の特質はすでにとても大きい変化が発生して、90年代私達から金の表す認識がただ“欲望の街”と“成り上がり”の位置付け段階だけに滞在するのに対して、もちろん認知の進歩の今の金に対して表してすでにとっくにこともあろうにもうこのような需要の範囲に限ったのでなくて、同時に金は表してもとっくに取って代わるべきものがない品位のシンボルになりました。
金を買って表してもちろん“金が働く”を推薦して、この腕時計は4160チップを採用して、360の部品を結び付けて、35を通って、研究開発するのは000時間なる臻まで(に)が着くのが良いです。中は最も特別で、便は機械式の記憶が設定して時間単位の計算機能を後ろから数えるので、海上と陸地にあるのにも関わらず、皆きんでている科学技術の業績を示します。主な添え板の柱型の機械的な歯車にまたがって、接続の前後で2チームのチップ、異なる逆数のモジュールに時計の内で組み合わせて自然で非の打ち所がなくさせる。