中チャドのミュアーの手を携えるマクラーレン車隊の駆け回るF1競技場

F1は世界の1級の方程式のチャンピオンシップで、国際自動車連盟(FIA)の催した最高な等級の年度のシリーズの場所のレースで、今の世界の最高水準のレースです。20171級の方程式のチャンピオンシップは本シーズン第2今日幕を開ける、中にチャドのミュアー賛助するマクラーレン―ホンダ車隊も駆け回るでしょう競技場。

現場の画像

中チャドのミュアーとマクラーレン―ホンダ一級方程式車隊の協力では最も2016年までさかのぼることができて、2の大きいブランドは現代技術、先端の設計と精密な工事についてすべて真心をもって追求と共通を持っていて、双方続いて10年の協力を促しました.

邁凱倫車隊の運転手StoffelのつけるRM50―03

Stoffelは2014年からGP2競技場が非凡な統治力の彼を展示して1度が人々に“次のハミルトン”と見なされる、簡単な森・バートンの退役に従う、Stoffelが邁凱倫の2017シーズンの議席をもらった、今回全行程を携帯した中で邁凱倫のテストの運転手、チャドのミュアーRM50―03腕時計試合に参加することを担当しに来ます。

更にピークを蓄えてランゲLANGE31ロングの動力の腕時計を鑑別評定するのに動きを訪れます

8年前に、ランゲは世を驚かすロングの動力の腕時計LANGE31を出して、31日続く長い動力の奪い取るその時の腕時計の運動エネルギーの山頂。時計の技術上のは絶えず探求しますが、長い運動エネルギーはすでにもう最初の新鮮な感を持っていなくて、しかし腕時計の運動エネルギーを1ヶ月の長期やり遂げることができて、確実に感心したのです。その他に、ロングの運動エネルギーも大型のぜんまい装置の開発する極めて大きい試練に対してで、なぜかというと平均しているねじり力は腕時計の運動エネルギーの重要中の重要を維持するので、腕時計のロングの運動エネルギーの長い間続く出力に関係します。だから、腕時計の第2大輝点の不変な動力装置は気運に乗じて生まれます。ロングの動力はきわめて安定的な出力システムと共にこのすばらしいのを作ってその時のセンセーション性の影響力にあります。すぐ近ごろまで、その腕時計を越えても指折り数えるほどわずかだ蓄えるのに動きます。2017年、この腕時計の傑出している貢献のが敬意を表しに対してとっていて、再注輸のブランド腕時計の運動エネルギーの中で最新の開発の成果、ランゲはジュネーブの高級な時計展の上で再度ロングの動力をテーマにして、このモデルの十分な代表性があるランゲLANGE31灰皿の腕時計を出しました。

春うららかに花開く時に2017BASELシンプルなモデルは推薦します

シンプルなうわべの下で多い内包に隠れていて、永遠にそんなにのが何度見ても飽きないでで、初めから足まで(に)すべて品物の質感を満たしています。もし1つの外観の質素な宝の箱、気をつけない間に開けて発見する内に乾坤がある、それによって深くこの手首に夢中になる間の平方寸の天地をまねます。シンプルで大したものなこの話は再度シンプルな腕時計のだけある内包を実証しました。時には感じて、貴金属、複雑な腕時計が私達から距離やはり(それとも)シンプルな時計算してきたのがいくらかあるようだのが純粋だ、本当に来る。この春うららかに花開いた時で、私達はまた一回の世界の時計を迎えて狂喜します:バーゼル国際時計の真珠や宝石博覧会。例年の博覧会の上ですべて会議・展示はブランドの最新の作品の成果を出して、本文はみんなに展の上で表して3新しくてシンプルな時計算するのを推薦して、もしも好きでしたら、考えてみることができますそのように。