パテックフィリップ最高の型番の影響力を三3974(3問+万年暦)

「時代以前筆者が相次いで時計情報」を紹介したと1415 2499フィリップの2つの重要なモデルも、実は、この二つの型番は代表の複雑な機能の家族は、2499代表の万年暦/カウントダウンは、1415代表の世界に。今日は引き続きを総合的に整理してまた三問/万年暦家族、その著名代表はRef . 3974。
三問(minute repeater)技術の発展に非常に早く(参考:読む拙文複雑機械タブ工芸の- 3問)、機械装置の高さは復雑や腕時計の相対狭いサイズ、3問腕時計はずっとにくい工業生産、頼りなければならない手工調整、さらに難しいカード表の声が完全に一緻している高級時計技術。一般的に、パテックフィリップの初の3問腕時計産は1924年、いくつかのじゅうに枚。その4枚アメリカされた当時の銀行と鉄道の有力者であると同時に、著名な芸術品と腕時計コレクターHenry Graves Jr .に収蔵されている。この4枚の腕時計の中で3つはプラチナ版で、1枚は黄金版です。この黄金の(下図)を転々としても、、2012年ろく月じゅうよん日サザビーズニューヨーク腕時計競売では299.5万ドル取引。
早期のフィリップ三質問表に基づいて、いずれもFrederic Piguetムーブメント(参考拙文:知名ムーブメントメーカーfp)、常にRef . 2524の型番が続々と生産1960年代初頭。ろくじゅう年代は間違いなく機械式時計の黄金時代には、当時の世界経済の戦後レジームから次第に台頭し、戦後生まれの新世代の靑年も歩み始め、腕時計市場の主流に潜水、レース、飛行などのレジャーやスポーツクロノグラフモデルを転換して、このようなは比較的復雑の手工業芸術レベルの腕時計はかえって次第体言、まして直後は1970年代の石英の危機。その後は1980年まで、パテックフィリップの社長フィリップ.斯登(フィリップ・Stern)を提出するフィリップ工場の150週年は1989年に世界を驚かせ、計画。十年の接近を通じて勤勉に努力して、1989年フィリップ発表スーパー複雑機能懐中時計Calibre 89、そして3問腕時計Ref . 3979とRef . 3974。そのRef . 3979(下図左)をベースR27 PS自動巻きムーブメントの3問表、Ref . 3974(下図右)をベースR27 Q自動巻きムーブメントの3問+万年暦複雑な機能を表。

パイロットの専門装備-ブライトリング航空クロノシリーズの発展の過程

「腕時計時代資訊] 1884年、ブライトリングタブ会社はL E on Breitlingグレン興(参考を創立して、発展はなお独立運営ファミリー企業。ブライトリング創設の初めは集中して研究開発生産カウントダウン懐中時計、ブランドに公式サイトの情報、ブライトリングは1915年と1934年率まず発明世界初枚単ボタンとダブルボタンタイマー時計。1940年代、ブライトリングからカウントダウン腕時計に付加を重要な飛行計算機能の環状スライド計算尺、その戦争時代のパイロットにとって重要な作用を持っている。この腕時計からの発展をブライトリングの最も重要なシリーズ-航空カウントダウン(NaviTimer)。
戦後、民間飛行して新興の都市レジャーの運動が発達し、1939年に創設アメリカのAOPA(航空機の所有者とパイロット協会)にもなった民間航空分野の指導的業界組織。1952年、AOPA指定ブライトリングを自分の会員カスタム生産航空カウントダウンをこの腕時計時計にプリントされAOPAマーク(上じゅうに時位置の下のエール盾絵柄)、それによって開いた航空クロノシリーズの源流。このパイロットの腕時計の型番は、806として命名された。
1961年、ブライトリングを個別の顧客にカスタマイズしました表示して24時間のスペシャル版806腕時計、1962年アメリカ宇宙飛行士Scottカーペンター装着一枚の24時間版ブライトリング806搭乗オーロラななしち宇宙船地球を飛行三週間になったし、初の「宇宙」腕時計(オメガ超霸1965年まで、参考閲読:唯一の表へ-オメガ超霸)。今回の「宇宙表」事件の影響で、ブライトリングもっぱらの新モデル809て量産この24時間版のNaviTimer、それを誇りに名付けて宇宙飛行士(Cosmonaute)デザイン。

「スター」ジョニーデップと彼の時計カルティエ藍風船

「腕時計時代資訊]近日小編某ファッションサイトで見られるジョニーデップの1枚のかっこいい写真、銀色シルクハット、ブルーサングラス、袖をまくり上げるの靑と白のストライプのシャツを組み合わせて非常に正式なベストが、開いていく2ボタン(脳補ってください好き者たちが開いていくボタンの胸の筋)、ベスト上着のポケットに明るい茶色のスカーフやズボン右ポケットのこのプリント裏地にハンカチを、「すすり泣く胡のかす」は、その組み合わせがごった返すに少しの放诞不羁の腹の中のかっこいい。右手左手皮質ブレスレット、一枚丸い時計ベルトミックスターコイズブレスレット(これは最炫民族風?)おじさん、デップのボヘミアのオーラは強力な加持。
デビュー直後の小編書き上げ第1段の文字でリードされた後、怒声番、200個字の中には言及し「時計」にどうします写真はおじさんの腕を拡大したデップ。小編教えてもらう何人の行いが早かった先輩、みんなが一緻して判断すべき1枚の靑カルティエ風船。
藍風船をカルティエブランド2007年発売の新シリーズを積載した靑鋼針、大ローマ字に標などカルティエシンボル性元素。その特徴は丸いのケースのほかにサファイア表冠先の独特の造型、窪む一部、またデザイン瑪雅部分弓形の防護、保つケース旺盛度のまたひとつ増えた特別な飾り。