腕時計のメンテナンス

1、腕時計を置くところは乾燥薬を置いたほうがいいですが、樟脳丸、昆虫防止薬などの化学薬品を使わないでください。
2、皮質の腕時計はできるだけ水に接触しないようにしてください。バンドが硬くなり、臭いがしないようにして、破断の結果になります。
3、腕時計が異状になったら、すぐ近くに配達して専門の時計店で検査します。
4、自動表は活動量が十分である場合、毎日10時間以上付けなければならない。
5、不和の場合は不和のブランドコピー時計腕時計を着用しなければなりません。例えば、運動の時は防水性よりも震え性に優れたスポーツ腕時計を選択したほうがいいです。
6、腕時計の蓋の上に伸ばし指示があればWATER RESESTNTまたは3 ATMの指の表示があれば、防水の程度は圧力のない水しぶきや小雨に限られます。
7、特に注意したいのですが、どの腕時計も体温水や浴室に合わせてはいけません。たとえ腕時計が防水時計であっても、腕時計の密封巻きはゴムです。体温によって老化しやすく、周りの水蒸気分子が開けても小さく、ケースに入りやすく、内部機械の損傷を引き起こします。
8、腕時計ごとに内部の機械の構造が似ていないため、正常な使用状態では、機械表または自動表の誤差は毎日30秒以内で、石英表の誤差は低くても正確です。