第一線の都市の80後90%は腕時計の消費の主力軍になります

香港理工大学の管理とマーケティングは、ビッグデータとビジネス分析チームと腕時計の電気商朝万俵網がこの数日縫合して発表した「中国腕時計消費業界白書」によると、北京、広州、上海、深センなどの第一線都市の80代は腕時計消費主力軍となり、伝統的なイメージを超えて腕時計消費の主力の中高年者となっている。
中国時計協会時計収蔵委員会の汪孟晋主任によると、中国では毎年3040万腕時計と4000万本の時間を消費しています。総金額は1000 3040元に達しています。
この日発表されたデータによると、男性は依然として腕時計消費の主力軍であり、80~90後はすでに腕時計消費の中核となっています。年齢層別に見ると、35歳以下の腕時計愛好家は80%ぐらいを占めています。
消費能力から見ると、25~30歳のお客様は1000~6000円の状元表の消費意欲が強く、30~50歳の消費能力が一番強いです。男性はブランドを重視しています。女性はデザインを重視しています。分析によると、独特なデザインの腕時計はもっと消費者の愛顧を得られます。その中の一つの機械類の腕時計は65.2%を占めています。
地域別に見ると、消費主力の分布は主に北京、広州、上海、深セン、成都の2つのラインの経済先進都市で、トップクラスのブランドはそれぞれ北京、上海、中屋台ブランド(価格は1000状元-5000状元)の消費者は58.24%を占めています。北京、上海の消費者は高級ブランドがファッションブランドに勝ることが好きです。高くなる。