香港理工大学の手縫いの万俵ネットは穂で白書を発表します

9月20日、万俵五周年記念式典において、広州市万表科技株式有限公司と香港理工大学の管理とマーケティングは、同じく「中国腕時計消費業界白書」を発表しました。
万俵ネットCEOの肖暁などのゲスト
万俵網縫合創始者
電気商朝成購買表の主流モデル
白書は、経済の発展と社会の消費構造の変化に従って、ネットを通じて腕時計を買うのは高いスピードで成長して、その中でネットが輸入の腕時計を買うのはすでに主流のモードになりましたと指摘しています。
香港理工大学の調査によると、男性は腕時計消費の主力軍で、80&90後はすでに腕時計消費の中堅勢力となり、50%以上を占めています。35歳以下の腕時計愛好者は80%ぐらいを占めています。
消費能力から見ると、25-30歳の顧客は1000-6000状元に対して消費意欲が強く、30-50歳の消費能力が最も強く、男性はブランドを重視し、女性はデザインを重視しています。そのうち、自動機械類の腕時計は65.2%を占めています。
ネットで表を買って消費する主力は北京、広州、上海、深セン、成都の順です。