君皇は腕時計を買う時に避けなければならない十大落とし穴を教えてくれた

1)写真をあまり信じないでください。
写真は千言万語に勝るが、写真自体は迷いがあるかもしれません。良い時計は写真に写らないかもしれません。あまり見られない腕時計は、写真の中でジファン・ジレンマを夢見るかもしれません。「写真から腕時計を見ればお得です。ギャンブルが多いです」「絵を見ただけで、見たことがないなら、信用のある売り手と取引したほうがいいです。そして要求します。返品保証」と彼は指摘しています。「写真の品質は商品のハードさを紛らわすかもしれません。」時計の知識はここが図通りの表を買うポイントだと認めています。「写真のこの表に対して十分な理解があれば、例えば見たことがあるなら、同じメーカーの彼の製品でも、写真を見た時の心の中には基本的にスペクトルがあります。買う前に宿題をしてください。はい、お願いします
2)不要な重視精は3)にありますが、綺麗さを見抜くには足りません。
時計を剃る時には、すごく綺麗だと思いますが、それは不快か綺麗かもしれません。一度使うだけで、本当に似合うと思います。時計を買って作ると知っていますが、どの時計が買えないかを確認できます。そんなに綺麗で、これは絶対買いません。これはコツです。」4)盲目的に「付風」しないでください。腕時計の「ヒット」だけで買うのは価値がありません。いつも何かが流行していて、新しいものが流行しています。流行に追随して、社会に認められないようにしてください。本当の自分を知り、本当に好きなものを買います。多くのコレクターが流行しているものを買います。私が始めたばかりの頃もそうでした。今は人気のあるものがあります。人々が取ウブロコピー引に来たいからです。自分の心に従って買い物に来ると言いたいです。投資するなら、少なくともあなたが買った人気のあるものを確定します。価値が高くて、自分のコレクションの中にあると見ても嬉しいです。」風に従う現象はいつも存在しています。いつでも買う人がいます。自分にとってひげはいらないかもしれません。