沛納海の手の表情は結びます

沛納海の手の表情は結びます。
先日、葉延浜さんの随筆集「夢と林檎」を見ました。とても詩的な名前の字です。その中に「腕時計」という文章があります。見ていて感じがします。いくつかの過去の考えはいつも好きではない間に私たちの姿を現しています。ボールがキラキラしています。
腕時計という概念は、もう忘れました。亀の時から分かりました。しかし、私の最初の腕時計の話は大体覚えています。二年生の時に、一日放課後、母が近くの売店で買い物するようにと言いました。目は今のようにガラスの助けを借りてこそ、「秋毫を観察する」ことができます。東北で言います。「透きとおっていて、透きとおっている」と形容するべきです。そして私はいつも「とても良い」という習慣があります。逃げる時には、しっかりと地ブランドコピー時計面を見ています。「地上の大逆転」のため、地上にはいつも多くのものが出現します。天のことは、ちょうどこの点を証明しています。
歩いていたら、突然地面に腕時計が転がっていました。私の天よ、パイを投げましょう。地元では、かわいそうな私にぶつけられました。神様が私の夢をかなえてくれないといけないようです。ある日、大便を拾ってきました。