ロレックスの北京の8月の市況

近日、腕時計の家の編集は北京の亨得利の新しい宇の三宝の北京の緑の山のビルロレックス店から知って、2013年の最新のバイカラーの陶磁器はすでに商品到着を閉じ込めて、かつ多い大人気のデザインは全て現物があります。しかし最も人気がある緑の水が鬼ところがなくて、本当に少し小さい残念な思いです。今日みんなによく売れるデザインに比べてロレックスの最新型の腕時計を下へ紹介しますと。
この最新のバイカラーの陶磁器が腕時計を閉じ込めるのはロレックスの2013年のバーゼルの時計展の中で出す最新の時計のモデルで、ひとたび出したなら、広大な腕時計のメディア人と腕時計の愛好者の愛顧を受けて、一致してこの腕時計がきっと今年の人気モデル、経過時間の証明、事実がこのように確かだとだと思います。腕時計の最大の特徴は独創するバイカラーの陶が字の小屋をつくるで、一回はベーキングなって、まったく存在しないでつなぎ合わせて、この技術がロレックスがつぶすの時6年、最も早く研究開発することに成功して、出した第1モデルの腕時計。現在のところは亨得利の新しい宇の三宝の北京の緑の山のビルロレックス店に現物があって、好きなのは要らないで逃すことができました。