男の間の事スピードと激情の決戦

《スピードと激情の6》の絶賛上映中期はすでに過ぎて、しかしこの映画の中のエンジンのうなりの音は依然としてたくさん映画ファンあるいは車の謎の脳裏の中でぐるぐる回ります。この映画を見終わって運転して家に帰って、本当の話を言って、本当に自分のアクセルの踏み板がとても力にあげなかったと感じて、音も、全くコントロールしていないで、家に着いて思い悩むことしかできないのがベッド上で翌日を考えていて早起きして勤務に渋滞する状況横たわって、口ぶりを嘆いてすこし洗って寝ました。

人はすべて俗っぽいをの避けられないで、他人をうらやんで、たとえ家に帰る1つの良妻賢母をめとるとしても時々のはホームページがひっくり返ってスーパー・モデルを見てみたいです。現実的ではないものは多少いつも私達に《スピードロレックスコピーと激情の6》の感覚を見終わるように幻想、満たさせます。あなたは専門のランクの自動車の熱狂的なファンでない限り、さもなくば自動車がこの事を改装する上にそんなに多い時間の力あるいは金銭を使う人がありません。だから今日私達に価格性能比のこの語を投げ捨てさせて、分秒を争う快感のためにただ車と時計を見てみだけに来ます。恐らく車のが腕時計が好きだとは限らないがの好きで、しかし腕時計がなくて、あなたはどのように激情のスピードを経験しますか?