腕時計は大全書に保養します

1、腕時計の場所をレイアウトして乾燥剤を放置することができる方がよくて、しかしナフタリン、虫よけ剤などの化学薬品を使いを免れます。
2、皮質のの腕時計はできるだけ水まで(に)接触するのを免れるべきで、腕時計のバンドが硬くならないようにして、出すのが臭くて、1歩進んでひびが入る結果を招きます。
3、腕時計もし奇形が発生する時、直ちに最寄りの所で専門の時計店まで(に)検査するのに送るべきです。
4、自動的にイベント量の十分な情況の下でを表して、つまり毎日10時間以上必ずつける資格がなくてはなりません。
5、異なる場所は配合して異なる腕時計をつけるべきで、運動する時もし防水と耐震性の優良なスポーツの腕時計を選択して使用する方がよい。
6、閉じを表して標示WATERRESESTENTあるいは3ATMの手がもしその防水の程度を示してただ限られて圧力の下の水しぶきあるいは小雨がないがあるならだけ。
7、特にみんなにいかなる腕時計が皆ぬるま湯あるいは浴室の中でつける資格があるべきでないように気づかせて、たとえあなたの腕時計は防水時計ですとしても、腕時計のが密封するのが巻くゴムため、暖かいをの受けて老化しやすくて、その上周りの水蒸気の分子がより小さくて、しみ込んで殻を表しやすくて、内部の機械的な損傷をもたらします。
8、腕時計のごとにためその内部の機械的な構造はすべて異なって、正常な使う状態の下で、機械的な表すか自動的に表す誤差は毎日30秒以内で、石英の時計の誤差がわりに低いのも比較的正確です。