軸とたとえとのを捕らえるのはどの根軸だでも

軸とシステムを捕らえてたとえイギリスの表を作成する大家のジョージ・ダニエルから発明するのでも。
1970年に、軸と捕らえてたとえすでに発表されたのでも、残念なのは、“石英の危機”の衝撃下、軸とこのを捕らえるのはたとえ設計を革新するのでも“才能がありながら認められない”と言えます。時計業界の動きの風雲で定まらないの状況で、軸と捕らえてたとえ決して得のでもなくてパテック・フィリップ、ロレックスのなどブランドのが積極的に応対するのを含んで、このようなためにリードしてしかもわりに大きいリスクの設計があって支払いをするのを願うどのブランドがないため、オメガの“慧眼がやっと知っている”に至って、終始軸と技術を捕らえてたとえ実用化に向かうのでも。
軸と核心理念をスーパーコピー時計N級捕らえるのは伝統てこ式をたとえシステム(すぐばつ式がを捕らえる)のがたとえ雁木車の間の垂直の摩擦をついてと平行する摩擦になるのでもを捕らえるのでもに捕らえるのにあって、それが具体的に表現して主に3項あります。その一として、1つの雁木車を増加して、伝統の単一の雁木車を2つの雁木車になってと軸が適当な場所に置いて、上層は雁木車で、下層部は主な雁木車です。いわゆる軸と、のと雁木車の軸です。その2として、伝統の4ラウンドの(秒の車輪)と雁木車の間でつまり5ラウンド1つの歯車、を増加します。秒の車輪と5ラウンドのかみ合い、5ラウンドはまた副雁木車とかみ合います。その3、てこ式をたとえシステムのがたとえついて2ばつから3ばつになるのでもを捕らえるのでもに捕らえて、またひとつのが直接車輪の並べるのを並べて順番に当たって石に衝撃するのに影響を及ぼしを増加します。