機械の時間単位の計算は自慢話をして紹介することができるのを積み重ねます

いわゆる“計の番号”の機能、ストップ・ウオッチ機能を指すで、それは時間単位の計算段に用いることができて、この機能はあまねく科学実験、スポーツ、がスピードを測る中に距離測定をしに用います。今計算して機能の腕時計がだんだん多くなりを積み重ねるのを持って、石英類のをも含んで、あなたは生活中使うに関わらずかどうか上に、少なくともそれのあの“3針の3目の”様式の時計の文字盤の針、さらに加えて、絶対にを人に複雑で、高級な感覚で多い時計があります。

機械の時間単位の計算は自慢話をして紹介することができるのを積み重ねます

骨董の時間単位の計算スーパーコピー時計は表す構造を積み重ねます
疑いをはさむ必要がなくて、確かに計算して機能が腕時計の中ですべての複雑な構造の中の一つに属するのを積み重ねて、腕時計時間類の指示とと違い、それの毎回のループ操作はすべて順次異なる時計を押さえつけるに頼って(寄りかかって)を完成したので、それはつまり“スタート、停止、帰零”。段(理論の上で言う)は、のそれと腕時計の時間は普通状況で、それが0.1秒から12時間のまで間を記録することができる時並行して、体系、相互になってからそれぞれ、人のからいつこの動作を制御しに来を邪魔しないのに行き来する指示します;その動力は皆共通のぜんまいから来て、腕時計の振り子しきりにのから中心の大きい秒針の下秒のきめ細かい歯数と測量精度を決定しました。