腕時計は一体どれぐらいの上下線でいっぱいになりますか?

よくこの質問を聞きますが、玄人にとっては、この問題は小さいかもしれません。まずここで2つのポイントがあります。一つは機械式の腕時計をつける時に、できるだけフルートの状態を維持することです。これは歩く時の精度を高めるためにも、歩く時の長さを延長するために必要です。手の上弦も自動巻きの腕時計もそうです。もう一つは機械式の腕時計のバネはステンレスの材質です。スイスは「NIVALFLEX」と呼ばれています。国内の人は「白鋼バネ」と言います。一つの成分が複雑なニッケル基の材料で、50年前の腕時計の炭素鋼のバネのように折れやすいものではないので、上弦が力を入れすぎて折れてしまう心配はありません。
腕時計は一体どれぐらいの下弦でいっぱいになりますか?この問題は具体的に説明します。
(1)表の頭の大きさパネライコピーと関係があります。頭が大きいほうが握りやすく、食べやすく、小さいほうが滑りやすいです。また、時計を見て、ケースの柄頭管との嵌合の緩み具合が、きついと上弦のスムーズさにも影響します。
(2)上弦のギアの伝動比と関係があり、異なる腕時計のムーブメントの上弦系のギア伝動はそれぞれ違っており、立輪、小鋼輪と大鋼輪の歯数を含むため、上弦速度が異なる。(写真を見て)
(3)発条の仕事の回転数も違っています。腕時計の発条の回転数は通常6-10回転の間にあります。作業輪の数が多く、発条の回数も多くなります。
(4)上弦の力関係で、自分でゼンマイを巻く時はいつも力を入れて握ります。ある人は弦を巻く時は「秀気」と比較するかもしれませんが、時計は毎回回転する程度が違います。