1881シリーズの腕時計

現代の都市人の生活は騒々しくて、私達は速いリズムの中で抜け出せません。そのようなシンプルに見えるが、心は豊かで豊かな生活が私たちの幸せに対する新しい定義となっている。時計の輪でもそうです。日常に最適なのは材質が信頼でき、長持ちする腕時計です。一番人気があるのはやはりシンプルなデザインの定番です。そこで、腕時計の家では、今日は風の中の「かつぎ」を紹介します。このブランドは百年余りの間ずっと極めて簡単な美学を堅スーパーコピー時計持して、“1時一線の1円”に頼って、長い間続く経典の腕時計を育成します。それはスイスのモヴェルダです。
腕時計全体のスナップ
モヴェルダは、その高い視認性のシンボルであるミュージアム®博物館の文字盤で有名で、「一点一直線一円」というシンプルなデザインを使って、ファッション腕時計の新しいモデルを作り出しています。黒い文字盤は広々とした神秘的な宇宙のようで、12時の位置の丸い点は太陽のようで、針が回転して、地球が太陽の周りを回る様子を描き出しています。