平均時差

「時間差」とは、平均太陽時間と真実な天体に基づいて運行される恒星時間の差のことです。平均太陽時間とは、一般的な時間計の指示時刻であり、平均時間ともいう。実は毎日の長さは同じではないです。長者は24時間14分で、短者は23時間44分です。人々がその平均値を取るのは毎日24時間で、日常生活の便利さのためです。恒星時間は太陽を基準としないで、別の位置に固定されている恒星に準じて、一昼夜の時間は23時間56分41秒です。この方法はより正確で、天文学と宇宙科学に適用されますが、日常生活のために使えば、外れます。いろいろ不便です。!
平均時間と恒星時間は年に四回しかないので、残りの時間は違います。珠玉は18世紀に時差表示機能を研究したことがあります。懐中時計とカウンター時計には、平均太陽時と恒星時間の差を示す文字盤を設けました。
他にも時差があります。地域時差といいます。交通が発達するにつれて、各国は鎖国し、時間の基準は世界的な要求に適応できなくなりました。このため、1880年にイギリスの法律形式でグリーンウェイの治札室(GMT)が確立されました。その後、世界各国が相次いで認めました。全世界を東から西に24のタイムゾーンに分けます。ロンドンの近くのグリニッジ天文台を零度とし、零度を通過するこの線を子午線といい、地球を東西二つの半球に分けます。全世界は東から西まで24のタイムゾーンに分けられています。経度15度がなく、隣のエリアとの時差は1時間です。ここは地域の時差です。