全自動腕時計はどこの国で作られましたか?

マシンウォッチのメンテナンス原則:
1、自動腕時計は使用中、バネは常に一定の締め付け度を保つことができるので、腕から取り外して、動かずに24時間以上の移動時間を維持できます。
2、自動時計は何年も使った後に、自動部品が磨耗するため、柔軟性も低下します。だから毎晩寝る前に、時計を一定の時間揺動させて、動力不足を補うべきです。
3、自動時計の自動装置が故障したら、手でねじを締めることもできますが、満杯にならないです。ねじを巻くのは手がきついです。自動部分のギアと自動ハンマーも大型鋼輪の回転に合わせて回転します。
機械式腕時計の校正時間原則:
機械の時計の長い期間の静置は使わないで、機械の時計のぜんまいは表の金まで緩めて静止して動かないで、この時、もし新しく身につけるならば、必ず先に新しいから早くねじを巻くべきで、これから更に時間を較正して、普遍的な機械表発条が一番緩い時に、時計の針が遅くなったり速くなったりすることが現れます。これのために、先に発条をいっぱい巻くべきです。校正時間後、標準動力駆動指針がなく、半自動で表の金を精錬しても、先に手動で8点まで精錬してから、時間較正を実施します。