上海のカシオ腕時計はどうやって修理しますか?

1.カシオの腕時計を身につける時、手の汗は殻に腐食性があります。全钢のケースなら、耐食性がいいです。材質はニッケルクロム合金です。しかし、半钢のケースで、汗と长く接触すると、腐食しやすくなります。材質は銅です。だから、腕時計の汗を乾いたタオルでよく拭いて、汗による浸食を防ぎます。
2.カシオの腕時計は日常メンテナンスの中で、最も見落としやすく、注意が必要なのは磁気防止です。カシオの腕時計をラジオやテレビに置かないようにします。
3.長期的に使わないカシオの腕時計を保管して、毎月定期的にねじを巻くべきです。このように長期的に静止状態になることを避けられます。内部の部品の性能が低下し、腕時計の正常な運行に影響します。クオーツ時計なら、長く使わないと電池を取り出す必要があります。
4.時間が経つにつれて、カシオのマシンウォッチはメカニカルギアとバネの駆動によって動いています。回転すると摩擦が生じかねないので、定期的なメンテナンスが必要です。