カシオの電子時計はどれが一番いいですか?

自動バックライト照明、低電力警告などの補助機能も備えています。海洋シリーズは200メートルの防水、潜水記録、潮夕図表示、自動発光などの機能を備えており、サーフィンやカヌー、航海愛好者に適しています。制限運動シリーズはスキー、スケートボードの愛好者の第一選択です。従来の機能を除いて最大の特徴は耐震であり,−20℃の低温にも耐えることができることである。
カシオの品質はどうですか?
市場上のカシオ時IWCスーパーコピー計のホップウオッチも多くが輸入品で、多くが国産品です。ですから、買った時に後ろのカバーを見てください。後ろの蓋には鋼印の産地があります。(タイの、日本のなどがあります。)これは外国かぶれというわけではありません。カシオの防水防振は国際ブランドの中ではあまり比べものにならないです。その技術で防水防振して国際市場を開拓したのです。西欧は日本のブランドです。日本の時計は西鉄城を含んでいます。セイコーはカシオとスイスの時計と比べて有名ではありません。日本の腕時計は工業のスタート時間が遅いので、あまり積み重ねられていません。ほとんどはクオーツの腕時計です。ですから、基本的には中低級で位置します。カシオの位置付けは斬新で、前衛で、ファッションが中心です。ですから、スポーツのお金が多くて、同類の日系と比べて、価格が比較的に高いです。カシオは一貫して技術をリードしています。斬新で奇抜な技術を腕時計に応用できます。しかも、数年来技術の突破があります。生産技術と仕事の面で、特に電子の面で(石英表は電池で駆動します)。カシオのクオーツはかなりの選択価値があります。