クオーツ時計の鏡が壊れました

ここで注意したいのですが、自分の時計の鏡が破損したり、割れたりしていることを発見した時は、時計が壊れるのをやめて、ガラスが割れて、文字盤を傷つけないようにしてください。時計ケースの中に時計修理センターに送って、時計の鏡を交換します。
腕時計の中にはいくつの部品がありますか?普通の腕時計の部品は数十個から数百個ぐらいあります。特に機能が多様な腕時計です。これらの部品はムーブメントを構成しています。小さな空間に置いて、上は文字盤を覆っています。何も隠すものがない時は、腕時計全体が「露出」されて外にいるように、長い間降りてきて、空気中に発生する水蒸気やほこりが腐食しやすくなり、腕時計の部品全体を汚してしまいます。これまで多くのハイエンドの腕時計はサファイアの鏡を使っています。腕時計の吸水を防ぐために、ケースと時計の鏡の間に防水テープを補強します。(もちろん、破損したサファイアのゴーグルを交換した時も、腕時計の防水性を測定し、相当な防水対策を行う)。