ロレックスの公式サイトの同期表の価格

表の巨匠Moritz Groossmannは1826年にドイツのドレスデンで生まれました。ラングブランドの創始者と同じ時代にいます。ドイツの時計の発展に大きな役割を果たしたことがあります。2008年、時計師でマネジャーのクリスティン・ハッターが、資本家、家族の支えで「Moritz Groossmann」という時計ブランドを復活させました。
最近、Groossmannは日本のディーラーによってブランドの下で最初の正方形の腕時計Corner Stoneを発表すると発表しました。デザインのインスピレーションは30年代のドイツの時計から来ました。四角形のケースに合わせて、ブランドは新しい四ブランド時計コピー角形のムーブメントを開発しました。ドイツの銀の材質、4分の3の副木、彫刻の振り子のチャック、鋼輪の多層の日耀の紋様は磨いて、黄金の箱……巨大なねじの箱は60時間の動力の貯蔵の時間を提供することができます。
ケース長46.6ミリ、幅29.5ミリ、厚さは9.76ミリ。普通の量産版はバラ金とプラチナのシェルを提供しています。他にもエナメル文字盤のバージョンがあり、限定50枚で、価格は22万元。