エイミーの腕時計が壊れましたが、どうやって修理しますか?

「おとなしい」JSに会ったら、酸化亜鉛電池で入れます。一枚のタイプは5元を超えません。常用のタイプはSR 626、OT 377、SR 66などです。酸化亜鉛電池は卸してくれます。価格は6.8~7.00元です。暴利ですか?これは比較的良心的なJSです。例えば、基板が湿っていて、コイルが壊れていて、油をきれいに洗って拭き、電池に換えます。最後の一つは最も恥知らずなJSです。あなたの部品、さらにムーブメントを交換しても、大金を受け取ります。彼に感謝します。
機械の模様はもっと多くなります。腕時計の修理店に持って行けば、お金があまりかからないので、最低でも洗浄して油を拭いてください。そして部品を交換します。いつも取り替えた部品は縦と横に分かれています。だから、みんなは時計を持つ時できるパネライコピーだけ細かくして、普通はもとのままで(国産の輸入を含みます)表は外観が破損していないのでさえすれば、動きは正確で、普通はきれいに洗って油を拭く必要はありません。JSの話を聞いてはいけません。今は正規の修理店も正規ではないです。唯利是図です。友達から欧米伽の腕時計をもらいました。その原因は正確ではないです。一日5分近くかかります。原因を聞いてから、この時計は5年間買ったと分かりました。友達が道を通ってヘンドリを通って聞きましたが、彼のこの表現は洗濯が必要ですか?これは変えられませんでした。今のようになりました。私は学校の時計を使って測ってみましたが、5分も早いだけではなく、足を滑らせたり、時計を修理している人は活動の外杭やスピード針を動かしたことがあります。ですから、普段は普通の腕時計を使っていますので、油をよく洗いに行かないでください。