360電話腕時計が水に入って音がしません。どうすればいいですか?

「一般的に時計の芯を水に浸すところは、柄、目隠し、後蓋の三つです。防水装置もこの三つのところに設置されています。柄にテープ、シールリング、柄管などの部品の後カバーのねじの縁にテープを付けて、時計の目隠しを厳密にしています。これらのデザインがあれば、腕時計を使えば防水できます。腕時計は永遠に使えますか?絶対に防水しますか?いいえ。設計の要求によっては絶対防水ですが、私達は毎晩バネをかけます。いつも針を動かして、時間が長くなると、防水リングが磨耗されて隙間ができます。私達の手の首の汗も後カバーの防水テープを腐食します。汗がなくても、ゴム自体は時間が長くなると、老化して、緩みます。表蒙施と表亮は同じ材質ではなく、冷縮熱膨張の係数が違っています。時間が長くなっても微小な隙間ができます。これらすべては、腕時計の芯に水を通して、腕時計が水に入る可能性があります。「