IWC万国は「銀翼噴火戦闘機の最長飛行」を祝って出発しました

2019年8月5日、シャフハウゼン/グッドウッド、スイスの時計家シャフハウゼンIWC万俵はイギリスのブルトビー飛行学院(Boultbee Flight Academy)と航旅探検有限公司(Aviation Advientures Ltd)と共同で「銀翼噴火戦闘機の最長飛行(Silver Splight-The Longes)」を祝いました。「Flight」遠征の旅がイギリスのグッドウッドで始まりました。400人以上の来場者の熱烈な歓呼の中、丹念に修復した噴火戦闘機はかつてない世界一周の旅に出た。IWC万国は今回の飛行行動の公式時計と主要パートナーを誇ります。

「銀翼噴火戦闘機の最長飛行」出航祝い

左から右へ:イギリス俳優のヴィアン・コール、IWC万俵ブランド大使、元F 1スターのドライバーのデビッド・クルトハート、イギリスの有名なテレビ番組司会者のDermont O’Leary、IWC万俵首席執行官クリストファー・グレンガー・ハイアール(Christph Granger-Herrch)mond公爵さん、イギリスの俳優タレン・エッテトンさん、パイロットのSteve Boultbee BrooksとMatt Jones、IWC万国表ブランド大使、イギリスの女優の裴淳華さん

年をかけて、十数人の専門家が共同で原型機の噴火戦闘機「マク九」の修復工事に取り組んでいます。1943年に、ブラミチブルグに建設されました。修復された「銀翼噴火戦闘機」は今年7月に試験飛行に成功し、今日やっとグッドウッド空港から出港しました。バートビー飛行学院の共同創始者Matt Jonesはこのイギリスのシンボル飛行機の最初の航路を担当します。