万俵世界はあなたと深セン時計展に遊びに行きます

時計といえば、多くの人が最初に思い付いたのはスイス、ドイツと日本の時計業です。しかし、実際には、国内ブランドの中にも多くの優れた作品を見つけることができます。

2019年6月20日です。万俵の世界は時計媒体として特別に招かれています。深センに行って、中国のタブ業界で最も重要なイベントの一つである2019深セン時間文化週間と第30回中国(深セン)国際時計展に参加しました。今回の時計展には、展示ブランドの新作発表や展示、産業フォーラム講座、時計博物展示、関連映画作品の上映などが含まれています。一番魅力的なのは近くで実物を見て体験できるブランド品の展示及び時計博物館です。私たちのレンズに従って、一緒に展示館に行ってみてください。

展示会の回顧

まず重点的に紹介するのは、ブランドの製品の発表と展示活動です。今回の時計展では、国内のいくつかの時計ブランドが自分の展示館を設けています。国内の作品以外にも、いくつかの海外ブランドは独立したタブエンジニアでさえ、自分の作品を携えて参加しています。その中の飛亜達と旧家の航空テーマリストです。飛行機亜達のパイロット表と沐楊シリーズの腕時計と彼らの新しい代弁者馮紹峰があります。また、宝時捷さんと数少ないスイス独立の時計師協会に参加できる中国の時計家、馬旭曙さんが協力している新作などの一連の腕時計が展示会当日のハイライトです。このため、万俵の世界でも、これらのブランドを含む国産腕時計ブランドのリーダーをわざわざ招待しました。独占インタビューを行った。これらのインタビューを通じて、国産腕時計の知られざる一面を読者に披露しますので、ご注意ください。