ロレックス経典腕時計探2長所短所比較

ロレックスExplorer IはRolexの中で比較的に別種の1本の時計で、絞り3-6-9、逆三角と条型の時にそれに正装表と運動表の混合の息を持っていることを表示させます。114270文字盤の読みやすさは、rolexを愛していないWalt Odetsも賞賛しています。最初のexplorerは6350でしょう。蜂の巣の黒い面に円形の3-6-9の字体と非ベンツの針を合わせて、ムーブメントの級数はもう天文台級です。近代のExplorer Iは数年前に日本の鳥人木村さんが日本のドラマで配られて炒めましたが、価格はまもなく安定しています。

ロレックスは近年「大」を愛玩してアップグレードしました。16710-116710、16600-16660、114270も214270にアップグレードしました。最初の2つを始めとするsport rolexになりました。まずいくつかの比較図を来ます。

アップグレード後の長所は?

1.大きくなりました。39 mmです。近年の審美眼に合います。正装か便装か二つが適当です。

2.バンドとボタンがアップグレードされ、丈夫になりましたが、全体の重量はまだライト級の水準にあります。

3.平さん、HKD 41600の公価は運動労働の中でとても友好的な一員です。

4.炒められません。代理と親しくなると割引があります。

5.糸引きのケースとベルトは、扱いやすいようになっています。