江詩丹頓美女はどうやって機械表を買いますか

江詩丹頓美女はどうやって機械表を買いますか?

ここ数年来、「女性用機械時計」はずっと表壇の最も人気のある話題の一つです。しかし、多くの人は石英時計と機械時計の違いさえよく分かりませんでした。愛する人や自分のために新しいものを選び、大切にし、世代を引き継ぐに足る女性用機械腕時計をどのように選ぶべきですか?

ChnelCamelia Secret Watch

1969年に日本精工(Seiko)が東京で初めて商品化したクオーツ時計35 SQ Astronを発売し、「クォーツ革命」の序幕を切ってから、この数十年の間、石英革命は腕時計市場に深い影響を与えました。クオーツの技術は腕時計を時間の正確さで大幅に向上させる以外、その軽薄な特性は腕時計の外形を更に多く変化させる可能性があります。この点は時計を買う女性にとって、とても力強い魅力です。豊富なデザインの石英時計があって、女性の一番のお気に入りになれると思います。

従来、サイズと重さは男女の表間で最も基本的な違いです。男性は体が大きく、腕が大きく、表面の大きい時計は男性にとっては豪快で、大気を象徴していますが、体の弱い女性にとっては、大きくて重い機械時計は、細い腕にとっては負担になるだけでなく、近年では女性に大きな表を付けることも流行していますが、多くの女性にとっては負担になります。「小さくて軽い」というのは、やはり腕時計を買うための重要な原則です。機械表のサイズは美感と関係がある以外に、技術面にも深い影響があります。ムーブメントは腕時計の心臓であり、女性用の時計のサイズが小さいという意味では、より小さいムーブメントを使う必要があります。したがって、複雑な性能に必要な多くの部品をより小さなムーブメントに配置するには、女性用の機械表だけでなく、技術的に克服しなければならない重要な課題もあります。