沛納海の手の表情は結びます

沛納海の手の表情は結びます。

先日、葉延浜さんの随筆集「夢とリンゴ」を見ました。いい詩の名前です。中には「腕時計」という文章がありますが、見ているととても感じられます。いくつかの考え、いくつかの過去の断片は、いつも気をつけない間にひらめいてきて、波がきらきらと輝いています。

腕時計という概念は、いつから明らかになったか忘れています。しかし、私の最初の腕時計の話については、大体のことを覚えています。二年生の時、一日の放課後、近くの売店で何かを買うようにと母に頼まれました。私は今のような目をしていませんでした。あの二つのガラスを使って、「秋毫をよく観察する」ことができます。そして、私はいつも「とても良い」という習慣があります。歩く時、地面をしっかりと見て歩きます。「土地が広くて物産が多い」ため、地上にはいつも良いものが現れます。その日のことは、ちょうどこのことを証明しています。

歩いていたら、突然地面に腕時計がありました。私の空はパイを落としたり、地面に落ちたりして、可哀相な私にぶつけられました。ああ、神様が私の夢をかなえてくれないといけないようです。

その時を忘れて、私は直接家に帰ります。それとも心の中の狂喜を抑えるように強制します。表面上は平気な顔をして、売店に行って仕事を完成します。つまり、家に帰ったら、母の話によると、大声で屋根をひっくり返したので、雨が降ると家族全員が緊張してしまいます。夜中に起きて洗面器を持って、私に壊された穴から落ちてくるいたずらな雨を迎えに行きます。この話は誇張していますが、その時の私の喜びの度合いは本当に比類のないものでした。

でも、これはやはり「不正の金」ですから、早く来て、行くのも早いです。つまり、この腕時計は数日間私と一緒に歩いたことがないので、主人に見つけられて返します。これはずっと私に後悔させています。なぜそんなに虚栄を張っていたのですか?に至るえっと、…