腕時計の水が入るのは普通どこですか?腕時計の水が入ったらどうすればいいですか?

1、腕時計の水が入るのは普通どこですか?

腕時計は、時計のチェーンの他に、腕時計の吸水に関する外部の主要部品としてあります。腕時計の前後カバー、腕時計の本体と外部のつまみです。だから、腕時計の水を入れる防水設備もここに入れて、柄にゴムの輪を入れて、密封輪、柄管などの部品の後蓋のねじのそばにゴムの輪を入れて、そして時計の鏡を厳密にします。これらのデザインのアイデアがあれば、腕時計の水が入らないようにします。

2、腕時計が水に入る原因

しかし、防水設備に問題があれば、これらの部品の接続位置は腕時計の水が入るところです。

表の前後のカバー:時計の鏡と表の後蓋の密封性は完全に壊れていますか?上のシールリングは破損していますか?使えないですか?時計の鏡にひびが入っているなどの原因がありますか?

表の各ボタンの位置:ボタン部品の内部の密封性は完全無傷ではありませんか?この部位はすべて密封性が比較的に解決しにくい1つの位置で、多くの腕時計の水が入るのは通常ここから入るのですか?

3、腕時計の水はどうやって判断しますか?

腕時計が水に入るのも程度の問題です。水をごく少量入れたり、比較的湿っぽい空気を入れたりしたら、温度差が大きい環境にぶつかると、鏡の中に霧ができます。霧が目に見える水滴や面積が大きく、すでにすべての時計のレンズを敷き詰めている場合は、腕時計が水に入っていると判断できます。特に腕時計は以前に水に触れたことがあります。例えば腕時計をつけて手を洗ったり、雨に降られたりしたことがあります。その後、鏡に霧がかかったことがあります。これは明らかに腕時計が水に入るということです。