腕時計はどんなタイプがいいですか?クオーツと機械表はどちらを選びますか?

腕時計市場には、時計の種類が非常に多いです。いくつかの友達が買い物をしていますが、どのタイプの腕時計がいいか分かりません。次の腕時計の家で説明します。

クオーツ時計の計時精度は機械表より100倍ぐらい高いです。クオーツの毎日の誤差は0.5秒以内で、機械表の毎日の誤差は45秒ぐらいで、しかも温度の変化に従って、時には速くて、時には遅くなります。

機械表の価格は普通は高いです。工程が重要で、量産能力が低いので、少なくとも1000元以上で、石英表はプラスチックのムーブメントを加工しやすく、回路板も大量生産を定量化できます。

クオーツは普段はメンテナンスしなくてもいいです。機械時計は毎日バネをかけます。石英時計はねじを巻く必要がなくて、電池を交換するのは2年しかないです。マシンウォッチはタイミングが合うと秒針を合わせにくいですが、クオーツは秒針を止めやすいです。

機械表が自慢する長所は優れた文化センスであり、一つの精巧な機械表は人を喜ばせ、主人の品位を高め、貴族の栄光をもたらします。

機械表の寿命はとても長いです。金属製のムーブメントに依存していますので、子孫に忠誠を尽くすこともできます。多くの人がそれを伝家のものとしています。一方、石英時計は電気回路とプラスチックのムーブメントのせいで、寿命が10年もあります。多くは5年間で磨耗してしまいました。

要するに、便利さと実用性を追求するなら、クオーツ時計を買います。他人に贈呈するためとか、自分の身分を高くするためなら、いい仕上げの機械時計を選びます。