帝陀はどのように上弦かを表します

チュードルの腕時計が品質に集まるのはと安値で全身で、高い品質の親民の腕時計のブランドを製造します。そのため市場の上でたいへん人々の愛顧を受けます!しかし多くの友達にチュードルの腕時計の後で、明らかではないのどのように上弦かを買ったようにしかし、もあります。次に腕時計の家はみんなに教えに来ましょう!

帝陀はどのように上弦かを表します

ドイツ人のハンス・ウェルズの多い夫は前世紀の初期に名声があるロレックスの時計のブランドを創設します。1930年代、ロレックスは全力でイギリスを中心のすべてのヨーロッパの製品にして計画を広めるのを実施して、しかし価格が高価なため、普通な民衆を譲りにくくて持ちます。ハンス・ウェルズの多い夫はロレックスの製品の普及版を生産するのを決定して、つまり製品の品質がロレックスとと同じにずば抜けていて、しかし売価の普通な人に受けさせることができる製品。そこで、Tudor(チュードル)は誕生を表しました。

手を自然と(掌に垂れ下がってズボンの縫い目に向いていて、手の甲外面へ)、上述の計略の方向を保証する同時に前へゆっくりと高く持ち上げるのが至る計略と肩を平行して、またもと軌道に沿ってゆっくりと人に帰って、1組(をこのように計算してこの動作を繰り返す時少し遅い効果はやっと良くて、要らないのは速すぎて、持ち上げて持ち上げると言って、置いて)を入れると言って、ほぼ一両のチームごとに手の上弦の一サークルが多いのに相当して、私は仕事の原因がふだんつけるのが時間を表す長いがのため、しかし手の自然なイベント量はとても小さくて、そのため私が遅いととって表した後にそれによって方法に行って20チーム左右補充するとして上弦を行って、効果はとても理想的で、静かなことを表して時間を置くまだ会っていないでこっそり止まりに20時間以上続くことができります.