アウトドア腕時計のおすすめガイド

アウトドアが好きな友達が、スポーツ腕時計のお供をなくしてはいけません。市場のスポーツ腕時計のブランド、デザインが多いです。これらの腕時計がいいですか?今日は腕時計の家にアウトドアスポーツ腕時計のおすすめガイドを持ってきます。皆さん、見てください

カシオのPRO-RERシリーズのアウトドアスポーツ腕時計の価格は手ごろで、記録の精度は100分の1秒に達することができます。同時に、気圧、気温、海抜の高さを測る機能を備えています。これらは旅行者やアウトドア愛好家にとっては便利です。しかし、完璧ではないです。海抜の高さを測るなら、初期の腕時計は1170 ATC-1100種で、高さの上限は4000メートルしかないです。腕時計のルーレットはプラスチックで作られていますので、使うとすぐに老化します。腕時計の照明はボタン式です。これらは屋外でのPRO−RERの使用に影響を与えた。しかし、RRT-411 Jシリーズにおいては、測定可能な海抜は6000メートルまで上昇しており、気温の測定範囲は-10℃~60℃です。自動バックライト照明機能も備えています。腕時計と水平面を40°にすれば、照明を2秒間起動できます。その羅針盤の時計の輪も金属のために製造して、時計の材料は皮、布、混合、ポリウレタン、チタンの金属などがあります。

日本のもう一つのアウトドアスポーツ腕時計、EMPEXは、カシオの腕時計が海抜の高さを測る上での不足を克服しました。この腕時計は海抜を測る範囲で大きな突破を遂げ、-999メートル~9000メートルに達しました。また、カシオは5メートルを単位とした計測欠陥を克服し、1メートルを単位としています。また、高度補償機能(1000 m以下±5%±5 m、1000 m以上±3%±5 m)を備え、高度記録機能を備えており、到達した最高高度を記録することができます。天気予報機能もあります。8~12時間の天気を予測できます。測定気圧範囲は300 hpa~1100 hpa、1 hpaは測定単位です。温度測定範囲は-20℃~50℃で、0.1℃は測定単位です。バンドはナイロンバックルのデザインで、とても便利です。時計のベルトの羅針盤は方位を測ることができて、生活防水の機能があって、バックライトの照明があって、夜間も使うことができます。外装材はABS樹脂で、電池を自分で交換できます。重さは48グラムです。