この一生はいくらで時計を買うべきですか

お金を稼ぐ糊口から残りの労働所得まで自分の精神的な追求を満たして、私の偉大な中華民族はこの数十年の歴史の変遷の中で物質から精神の華麗な逆転を完成しました。しかし、根強い伝統的な消費理念は社会の大波に埋もれることなく、ますます激しくなっている。前の時代に流行った言葉のように、恐怖症を選ぶものはまったくなく、お金が足りないだけです。

この話を考えてみると、どれだけの人の肋骨が、物質文明は十分に発達していますが、精神文明はまだ始まったばかりで、富二代、官二代、紅二代の背景がなく、中産階級は衣食住の隙間から資源を取り出して精神世界の追求を満たさなければならないということです。

上記の中で言いたいのですが、もし過剰な制限がないなら、この一生はいくらで時計を買うべきですか?上限がないなら、多ければ多いほどいいです。高いほどいいです。この考えを持っている人は一生に一つか二つの表を買うことができます。決していい時計ではありません。男にとって好きな時計に出会ったということは、まるで花吹雪の恋をしているような気がしますが、恋愛をすればするほどいいですか?もちろんそうではありません。万花叢の中で、片葉が身につけないのは愛情ではありません。

話は多くなくて、一生100万を取り出して時計を買うのは合理的な数字であるべきだと思います。僑情もないし、土豪もないです。経験したものは全部経験できます。持っているものも同じぐらい足ります。次にこの100万はどうやって使うべきですか?