腕時計の背輪

背輪は地域によって呼び方が異なりますが、南方にもレッカーと呼ばれるものがあります。その役割は実際には秒軸を動かした歯車の回転です。バックホイールの部品はホイールプレート、シャフトの歯、バネとボルトの一つで構成されています。

腕時計の背輪。

背輪付き腕時計のムーブメント

私たちは大三針の腕時計は針の軸穴が全部文字盤の中央にあると知っています。秒軸は分針軸穴の中間から、分針は時輪軸穴の中間から抜きます。いくつかの腕時計は設計と板金の配置の問題で、メインの板金の中心に秒針がないようにします。中心の秒針を取り付けるために、何かの対策が必要です。

背輪には歯軸がないホイールプレートが一つしかありません。針を取り付けるように、車輪が延長されたシャフトに押し込んでいます。秒針を取り付ける車輪もホイールプレートがなく、軸歯だけです。秒針の動きを防ぐために、通常は上に圧ばねを取り付けます。見たところ、背輪はどうも変なように芯の板金にかけられています。

四~五十年前の腕時計では、OMEGAの腕時計など、このような構造が最も一般的でした。背輪を分解する時は、特殊な傾斜面のついたフォークツールを使います。もちろんさまざまな方法があります。今の腕時計の芯にはもうこのような構造は見られません。

背輪付きの腕時計は、針を回す時に、秒針が大きくジャンプすることが多いです。これは主にこのような形で動いている歯の隙間によるものです。

また、複雑なクロノグラフにもよく使われています。ちょっとアンティークな感じがします。また、取り外しや取り付けには特に注意しなければなりません。特に秒針を押す時は、必ず秒軸歯を支えます。