腕時計のムーブメントの外側の杭とスピードピンの進化

素人でも知っていますが、腕時計にはバネとフィラメントがあります。確かに彼らは腕時計の中で最も重要な部品です。バネはエネルギー動力を提供し、フィラメントは振動周期を安定させる役割を果たします。

腕時計の時計の精度を調整するには、通常二箇の方法があります。

1、フィラメントの長さを変えます。

2、摆輪の品質を変える。

後者は腕時計が出荷される時にすでに定型化されています。(その幾何学サイズとバランスを含めて)普通は遊糸の仕事の長さを変えるしかないです。そのため、ほとんどの腕時計には遊糸スピードクリップという東西があります。初期の游糸のスピードクリップはすべて1つの开けても闭じることができる枠を作って、これはいわゆる“游糸がはさむ”で、游糸ははさむ中から通り抜けて、“游糸がはさむ”は内と外がはさむことがいて、外がはさむのは左右が回転することができるので、取出の游糸に入れますと。

時計理論的には、インナークリップとアウターホルダーの隙間が重要です。このギャップの大小は腕時計が走る時の等時性に対して大きな影響を与えて、小さいほどいいです。「クリップ」があるからこそ、腕時計の等時性が損なわれ、また腕時計の位置誤差も増えます。ですから、なぜ大きなブランドの腕時計は「ノーカード」を作って遊んでいますか?「無カード度」というのは翻訳の問題です。伝説の「無カード度」とは実際には「遊糸速緩クリップ」がないことを指しています。ROLEXやOMEGAの同軸腕時計のように「無カード度」なので、歩く時の精度が高いのも無理はありません。

糸の中ではさむことと外で挟む隙間が小さいほど良いです。(隙間は遊糸の厚さの1.5倍から2倍ぐらいです。)また、遊糸の仕事をする時は遊糸内ではさむことと外挟みの間で左右の「蕩匡」を求めます。これは等時性を高めることを考慮して、ラジエーターに対する拘束構造の影響を補償します。しかし、初期の低周波の腕時計(18000回/時間)にはインナークリップを貼っても「チャーミング」しないものがよくあります。遊糸の有効作業長は実際には外杭にはなく、早送りピンと外杭の間のある点にあります。

腕時計は工場から出荷された後、もう正確に固定されています。普通は遊糸の外側の杭と遊糸のスピードクリップの間に60度の角度があります。遊糸のスピードを保つために、速度を調整する範囲は一致しています。つまり、フィラメントの外端曲線は約120度です。今の腕時計のムーブメントの外側の杭と遊糸のスピードホルダーは左右で回転できるように作られました。簡単に調整できます。これは昔は想像できませんでした。この改善はたぶん1980年の左右だったと覚えています。昔の游び糸の外杭はピンで外杭に固定していましたが、普通の游び糸の外杭にはV字の溝があります。外杭のねじで缔め付けて固定しますので、組み立てが面倒です。それに、「蕩匡」と隙間の調整は全部手作り技術によって、「糸を握る」のがいいです。見たところ、技術の発展は確かに人の古い技能を消滅させられます。普通の人ができない技術の限界と、一切はもっと高くて速くて、もっと便利に発展します。