指針式カレンダー

表盤の中心には、時輪軸の穴の下に、カレンダーの針を入れて、表盤の最外輪が31日の刻印をつけています。今、時計のカレンダーの形で、このようにしています。これは小秒針のようなものです。

指針式カレンダー

指針式カレンダー構造図

現在、カレンダーの指示は窓口の多くが多いが、一般のカレンダーウィンドウは、表盤の3時位置に位置し、カレンダーも12時に開かれている。また、現在のカレンダーの方式は、一般的に「瞬跳び」を採用していますが、このような方法の利点は、速度が速く、瞬時に完成します。

最近私は1匹のオンスの腕時計を見ています。しかし27のドリルで、一般的な228の都25ドリル。細い分析では、元の針の上下軸の目に2つのドリルを加えて、27のドリルになりました。もう一つの特徴は、それがポインタのカレンダーなのですが、実際には、瞬跳びのカレンダー構造に関連したすべての部品が放置されていなくても、ジャンプはすぐに飛びました。その機軸の中間のどれが31歯のカレンダーの輪(写真を見る)を見ることができて、しかし分析してみると、このようにするのも確かに利益があることができて、有効なのは飛び暦の過程の中で、大バーヘッドと大バネが突き進む時に時計に対して幅の影響を並べられます。31字のカレンダー盤の構造よりも、伝動の負荷を大きく減らすことができ、抵抗は小さい(基本はカレンダーの位置バネの圧力)。

時計の検出基準には、「低エネルギー交換性能」がある。このように、「時計の上に発布した後、6 H(6時方向)の位置を持って行って、実際に30時間後に時計の交換状況をチェックして、いずれかのカレンダーをテストして、カレンダーが正常に入れ替えなければならない」と規定している。また、優等の時計は36時間後に、カレンダーが正常に変更することができます。そのため、指針式カレンダーは、構造的には先に安くしており、低エネルギーの交換性能は必ず窓口式に優れていると同時に、時計の精度と走行時の長さを向上させることもある。