時計の偏った校正方法

腕時計の偏りというのは偏振と呼ばれていて、通称は足を引き、足を伸ばして足を伸ばし、「偏り」という定義から、振り子が静止しているときに、振り付けの円盤の釘が捕まることになる。

腕時計の偏りは、腕時計の自動的な振込性能に影響を与え、腕時計が止まってから弦を上げると、下発条が必要で、腕時計は動き始めます。

振り付けの上に円盤釘(インパクト釘も呼ばれる)が正しいか、正確に位置を取り付けなければならない。これは腕時計を組み立てる時に、2つの円盤がある位置に位置しなければならなくて、しかし1つの大体の位置を保証することしかできなくて、正確に補正するのは更に遊糸の方位の調整に依存しなければなりません。

遊線には内杭と外杭があり、つまり、遊糸内、外の両端の固定点、それらの1つを調整して、いずれも円盤の釘位置を移動させることができる。早年の機械時計はすべて「死外杭」(現在の機械目覚まし時計を含む)で、つまり遊線外端の固定点が一番上に入っていて、移動できないということです。だから、その時は腕時計がたくさん並べられていて、調整する時も車輪を取り外して、糸の中を回転させることしかできません。調整量もよくないので、何度も取り外して学校が上手になることがあります。

今の時計はすべて活動外杭で、回転することができるので、校正が容易になる。逆に、今では腕時計内の杭は三角型で、欠けても回転できず、「死」になった。通常の調整時には学校の時計計に依存し、計器記録線や表示されたミリ秒数を見て偏りを判断する程度である。計器がなければ経験に頼ることができて、遊輪が静止している状態の下で、その相対的な位置を慎重に観察すると、正外杭の方向と調整量を判断することができる。

縦とフォークを捕るときは、針に逆らって回転する。縦に右に入ると、時計の針を回転させる。

古い“死の外杭”の腕時計に出会って、私の経験、偏りを調整するのはむしろ直接双円盤を回転するほうがいいですが、この仕事をするのは手法に注意します。