中国のパイロットの腕時計は紹介します

2010年に第5号の《航空の知識》の雑誌の第62ページは1篇の文章、《飛行者の手首の間で気高い感情―――がパイロットの専用の航行の空リストを自由気ままに話す》があります。文章の中で詳しく世界の各国のパイロットの専用の手を述べて展史を発表して、かつ多い張の精巧で美しい飛行の腕時計の画像をつけました。その中も中国空軍の前後で共にパイロットのために分配して支給する2種類の貴重なパイロットの専用の腕時計を含みました。

中国のパイロットの腕時計は紹介します

航行する空リスト(時間単位の計算の番号の時計)は空軍飛行部隊の必需品で、1960年に中国の腕時計の工業はまた(まだ)ちょうど初歩段階があって、だから中国空軍の使う航行する空リストは主に輸入に依存します。このような局面を抜け出すため、中国民族の腕時計の工業を振興するのと中国の腕時計の製造する技術レベルを高めて、同時に国家にあげるのために外国為替を節約して、国家は国内の腕時計生産メーカーを選んで自分で時間単位の計算を開発して時計を積み重ねるのを決定します。その時の国内の腕時計工場にかんがみて極めてまれで、各が一つ一定生産能力がある天津と上海がしかなくて、天津腕時計工場は第ひとつの国産の腕時計の誕生地として、かつ“メーデー”の腕時計の品質の信頼度もその時の国内の最高水準に属して、その他に、天津と北京は隣り合って、交通の便利な地理的優位があって、そのため1961年4月、国防部によって求めて、第一軽工業部は任務を下達して、天津腕時計工場からプロジェクトを行ってつくりを試みてもっぱら中国空軍のパイロットの使う航行する空リスト(時間単位の計算の番号の時計)を供えて、このプロジェクトは国家の機密プロジェクトに属して、任務の略称は“304”です。

ここまでで任務をつないだ後に、天津腕時計工場は全工場は20数名技術は集中し骨幹は開発の仕事を行って、空軍のから原型機を提供して、その時先進的な設備に不足したため、ほぼ簡単な方法を採用して手段と部品のサイズに対して測量・製図して、計算であることを行うので、1台のスイスを利用して製図器を輸入して製図を行って、条件は非常に苦しいが、しかしすべての従業員はずっときわめて高い情熱を維持していて、近いをの通って半年時間の奮戦して、難関を攻略して、もとチップ設計の基礎を参考にする上に、図面を生産してついに完成しました。すべてのオーバーオール、鋳型はすべて自分で製造することを実現します。1961年まで9月、5匹のサンプルが表してつくることに成功するのを試みて、その性能がすでに接近して腕時計のレベルを輸入するのをテストするを通じて(通って)。1963年末まで第2陣の30数匹の原型機のを完成してつくりを試みて、1965年までまた第3陣の原型機の100数匹をつくったのを試みます。1965年12月、通るのは全国の21の部門の合計の38人の指導(者)、専門家の構成する専門家チームから審議して、製品の幸運な精度、タイムを測り、高の低温、アンチ・ショック、は速度の針撥学校、上條を磁気を防いで、湿気(高潮)を防いで、針を動かして、品質、衝撃などの各指標が皆合格の標準に達したのをスタートさせて、順調に部級の生産開始の鑑定を通して、許可させられて量産を定型化します。天津腕時計工場の時計のモデルによって序列の配列を研究開発して、この時間単位の計算がチップを表す通し番号を積み重ねるのはST3です。1966年5月、天津腕時計工場は方案を生産するのを確定して、1967年12月末、正式に2000匹の腕時計を生産して、中国の空軍飛行部隊にします。この腕時計はその時中国で空軍飛行部隊は個人に属して物品を買って、属して性質を分配して支給するのではなくて、だからその中は民間に流出するかもしれないきわめて少量の部分があります。収集する上物になります。