石英の時計と機械の表す違いの石英の時計と機械の表す長所

何は石英の時計です

石英の時計は腕時計の種類の中の一つで、英文はquartzwatcですh。水晶を運用するのは時計上で近代的な発明です。第1匹の石英の時計は1969年に初めて現れます。石英の時計の運営する原理:音叉がある種類の規則に従ってと振動するように、水晶が電池の電力を受けて影響する時、それも規則の振動が発生するのが。石英の振動が規則に相当するため、すぐ安い石英の時計、1日以内のは差率を誤っても1秒を上回ることはでき(ありえ)ないです。

石英の時計の大の4長所:

1.石英の時計の幸運な秒針は1格が跳ぶのとで、幸運だのは非常に正確で、一般要求が月15秒以内に悪くて、2種類3本と2針がいます。

2.チップの中でICを採用して、構造は機械に比べてチップ簡単にたくさんを表して、組み立てるのはとても簡便です。

3.使い易さ、つけてねじをまく必要はなくて、ひとつの電池は普通は2~3年を使えます。しかし多少石英の時計はリチウム電池を使って、実用寿命が長くて、7~8年ぐらいを使えます。

4.石英の時計の価格は比較的機械に比べて安い(同じブランドの同じデザイン)を表して、しかし多少高級なブランドの石英の時計の価格が高価でブランドが良いため、外観の材料の良い(18k金あるいはダイヤモンドあるいは貴金属)、デザインがすばらしくて、一部の石英の時計の普通より機械的な時計の価値が高くてたくさんなことを招きます。

何は機械が表すのです

ひとつのよくある機械の表すチップは90~100の部品で、もっと多い機能のチップは1400の部品があって、機械的な表すエネルギーは1つのくるくるなスプリングピースのぜんまいで、ぜんまいの中で貯蓄するエネルギーは機械を表して働いて時間単位の計算の目的を実現しに来を推進します。機械は表してまた手動で機械的な時計と自動機械的な時計に2種類分けることができます:1の手動で機械的な時計:手は鎖のチップに行って、回して冠を表して、チップの内側コイルがエネルギーを発給して腕時計が運行するのを推進します。2の自動機械的な時計:自動的に鎖のチップに行く動力はチップの内に頼って陀重さを飛ぶ発生を動かすので、腕時計の腕をつけて揺れ動く陀回転を飛びを動かして、同時に表す内に腕時計の上で鎖のためぜんまいを動かします。