腕時計を買うのは主に何を見ますか

男の人はいい時計を持っています!きっとこの言葉はみんなよく耳にします。短いですが、腕時計は男に対する意味を持っています。多くの初心者は「初めて時計を買いますが、時計を買って何を見るのか」という質問があります。

1、腕時計の上の機関を検査する

正常な時計の上では簡単であるべきだ。頭を回転させるときは、まずより緩く感じて、どんどん上を向いていくと、前に向かって頭を回すことができないときは、発条が完全に上条機構と正常に働いているということを説明します。柄の頭上を回すと、「さばきの異常な音、あるいは頭歯が滑るなどの現象が発生した場合、上の機関に故障があることを説明します。」

2、時計の針の機構を検査する

時計は針を回す時に柔軟で、信頼性と針を回転させます。販促腕時計メーカーの検査の際に、分輪と中心の車軸の摩擦による緩度を確認しなければならない。針を回す時、もしどうしても緩いでいる感覚がないならば、分輪の摩擦力は正常と給油の適量を説明して、逆に、針の機材が故障しています。

3、時計の外観の部品を検査する

時計の外観は、外装、時計、時計、時の秒針などから検査することができる。表の殻は、砂の目と明らかに目の跡がなく、角が対称になります。後ろカバーと上殻の回転所は厳密になります。二つの時計の輪のそれぞれと、表殻の距離が等しくて、耳を整えた穴は、表殻の足の尾部の位置に偏っていないはずです。穴の深さは適当で、時計の輪が抜けにくくなります。正確に、針と針、時計の鏡と表盤の間に正しい安全の隙間があるべきで、表盤と針のめっきの層の光質は良くて、痕がありません。