腕時計の精密で正確な度の調子

腕時計の正確な不正確を理解して、最も良い方法は専門のテスト機械でテストします。

普通なテストは行って、下、3時に3つの方位が於がねじをまいていない、上に部分のぜんまいに別れておよび、ぜんまいの形を十分補充するのです
態の下で9回のテストをして、すべてのデータの平均値を取るのは3行って判断(データの左の上方を試験する「毎日の誤差値」です
━標準は+10/―10です;中間は「中心値」━誤差のために+5/―5です;右の方「振幅」━ために奮い立つしきりにいいえ
ありとと違い設定して、しきりにもし28奮い立つ、800回/時間振幅はおよそ270以上で標準的だと言えます;下の右側数
すぐ「しきりに奮い立つ」によると、その餘の数字と腕時計は直接な関連がなくて、このがくどくど述べない)、スクリーン上のテスト線は平らであるであるべきです
順調な線、あるいは斜線形になる変動があって、腕時計が問題があると表して、更に問題をつかみ出してそして排除しなければなりません。
腕時計は通常が問題が現れるいくつ(か)の場所があるのを許さないで、例えば車輪、度の車の輪列、馬の子、ぜんまいを並べます…
待って、1つ1つ必ず問題を探し出してそして調整していなければなりません。

私達は腕時計の許さない原因と解決方法を少し整理して、大体行って以下の9種類の原因を総括しだすことができるのを発見して、
しかしもし以下の問題に会う時部品を替えるのを優先するにする、部品が不足する時また修復をします。
(1)もしギャップのとても大きい(方向が悪い)によると正面の裏側3時方向時間に会う。
方法:つりあい機に順番に当たってテストすることを並べるのを使って、車輪を並べるのを通して回転して並べて円の直径に順番に当たる皆重いかどうかを知りに来て、もし比較的ある方位がある
再び重さを軽減するでしょう、並べて円の直径に順番に当たりに達しに来て皆重いです。
(2)車の心のとても小さい長方形の盆に順番に当たって馬の子の口にぶつかりを並べて、並べてアンバランスに順番に当たりをもたらします。
方法:乗り換える心あるいは振り子車輪整チームは変えて、あるいは石の裏側に設置するでしょう。
(3)小さい長方形の盆がゆとりがあってテストするのが安定させることができないにの値するのを招きます。
方法:小さい長方形の盆を固定的な(くれぐれものりの固定を使わないように)にとります。
(4)もし車の心が異常なことにの会って摩耗するかなづち型(最初で大きいからだが細い)が並べてアンバランスに順番に当たりを招きをもたらします。
方法:装飾する車の心、車の心を打って明るくなりを(注意が車の心がとても細いのを招きができない)装飾し終わります。