私は狂い、私の行のためです│ブルガリの2018バーゼルの新型は講評します

単刀直入なの、私はブルガリのメンズファッションが設計を表してどのように〝が〞のようだ厳しく表を作成しないかと感じないで、ブルガリが表を作成すると実力表します。でもまた2018年のブルガリの女性の腕時計の作品を見て、更に真珠や宝石のブランドがレディースファッションをし始めて表すやはり(それとも)奇抜なことを発見することができます。
本文の作者LauraLan藍思晴は中国語のために有名な時計の真珠や宝石の論説家を閉じ込めて、公衆号《大きい寫の蘿菈》を創立して編集長を担当して、そして《引いて力の仕事部屋を考える》が専門の文書の立案、顧問、に従事して仕事を講習するのを創設します。いくつかの専門の時計の雑誌の編集長を担当しのでことがあって、および、国内の多い雑誌の刊行物のコラムの作者、もっぱら精密な機械の時計が鑑賞するを除いて、真珠や宝石、生活、文化と芸術などの各領域に対して全て非常に優れている見解をも持っています。

私達が厳しくまで(に)表を作成すると或いは表を作成する実力のこの事言う時に、時には私たち自身さえ自分が何を言いを知りません。多すぎる陳の腔のばかげた言い草を聞いたことがあって表を作成したのが様々なことを述べて、実は本当に1件の作品を鑑賞して、多くの方面から行って、既定の古いきまりで事ごとに評価するのではありません。

厳格に話し出して、時計の作品は今のところまですでに工業設計の品物観察と評価、工業設計の何人かの称賛ポイントで1つの方面があったべきです:アイデア、形式(線、外形の割合と全体など)はと手法と生活する実用的な機能などを作って、実はすべて1件の時計の作品の設計の段階の高低を観察するのに行きやすくて、だから今日私は欲しくて更に工業設計の自身からブルガリの表を作成するこの事を講評しに来ます。