品鑑シャネルは飛んで優雅に陀はずみ車に出会う時に陀はずみ車の腕時計に帰ります

太くスーツは翻って境界線を通過して、海峡と山並みを通り抜けて、法式の究極で優雅な手本をすべての女の心の中まで(に)蒔きます。そこでこのような風格はずっと今なお伝承させられます。それでは、優雅に陀はずみ車がどんな火花をぶつかりだすでしょうにあう時にですか?次に私にあなたのためにこの腕時計のその中の神秘を詳細に説明させます。

若い頃AudemarsPiguet(愛の相手の時計)と持っていて協力してパートナー関係のシャネル、今年引き続き相手の時計がを借りるのが好きだに向って、GiulioPapiの仕事チームを招請してそのためにこのJ12RetrogradeMysterieuse神秘を製造して飛んで腕時計に帰ります。

シャネルはトップクラスのファッションを作りを得意として、ますます表の作成にも優れます。この陀はずみ車の腕時計はセラミックパッケージを採用して製造します。派手な気勢の上で時計をあけるのに及ばないが、しかしたいへん潤いがある質感があります。

この腕時計の表す冠はとてもおもしろくて、それは表を作成する大家装置に時計の文字盤上で、独自の風格を備える特徴はそれになってバーゼルの完璧な理由をばかにします。同様に陶磁器を採用して製造して、その他に比べて冠のを表して製作を磨き上げてと、いっそう天然自然の物より勝らなければならない技巧。