スイスの時計商のハイエンドの腕時計は華で販売量が疲れて力がなくて中級品の市場をねらいます

米国《ウォール・ストリート・ジャーナル》の7月8日の報道によると、スイス時計企業スウォッチグループは近いうちに表して、この会社の高値の腕時計は華の販売量で持続的に疲れて力がなくて、しかし中級品の市場は次第に開けます。

指摘を報道して、中国はスイスの時計の売上高を約40%占めます。長年来、スウォッチグループは中国の金持ちにオメガを含めるハイエンドのブランドの腕時計を売り出します。しかしこれらのブランドの腕時計は中国の売上高の何ヶ月で持続的に減らしに来ます。先週、このグループは高値の腕時計の6月の販売が持続的に疲れて力がないのを宣言します。

でも幸いに中級品の腕時計はこの損失を補うことができるようです。中国のトップクラスの富豪の数量は増加が多くないが、しかし中産階級は明らかに増加します。問題があって、たくさんの会社はすべてこの階層と“つきあう”の経験はあまりなくて、とても少なく相応の価格ラインの製品を出します。

スウォッチグループはずっと幸運で、それの所属の多い製品の価格ライン分布の範囲が広いです。グループ同名ブランドスウォッチ(Swatch)の出す部分の製品の価格は甚だしきに至っては600元より低いです。長年センタリングの上層の階級の販売が経験してもこのグループ極めて大きい競争力があって、甚だしきに至っては恐らく目標の取引先をこの階層で位置を測定しを始めます。

安価の腕時計の自身もエキサイティングな中国の購買力に比べて。華で売り出した腕時計はヨーロッパの価格の高の約30%にあるに比べて、これは日に日に増える赴外国際旅行社遊の中国人出国を選んで買います。