タイ格HOYAのモナコのシリーズBamford腕時計

TAGHeuerタイ格HOYAはいっしょにBamfordWatchDepartmentはそのシンボル的なMonaco(モナコのシリーズ)に対して行って新しく演繹して、外観の最新流行、個性のひとつだけ持っている現代のクラシックが現れます。これはブランドの初自制が協力でモデルを表すので、タイ格HOYAの実体専売店と部分国家でのオンライン専売店だけあって売りがいます。
スイスの表を作成する商泰格HOYAはバーゼル国際時計の真珠や宝石展(Baselworld)がブランドのシンボル的なモナコのシリーズのためでまた増やして新しくモデルを表します。全く新しい腕時計は堅固な炭素繊維を採用して殻、優雅な完全の黒い時計の文字盤とリキッドブルーの時間単位の計算皿を表します。この旗艦のシリーズは以前一度もこのように大胆な設計を採用したことがなくて、表を作成しているのにも関わらずやはり(それとも)競技用の自転車の領域は皆ヘビー級のアイデアのが行いを称することができます。今回がアイデアを演繹して斬新で、風格を技術が独自の境地に至っていて、独特なものとして持ちます。タイ格HOYAのクラシックのシリーズの腕時計の重さの光り輝いている新入生、ブランドとBamfordWatchDepartmentの間が全力で協力するおかげです。
BWD最高経営責任者のジョージ・クラスの福徳(George Bamford)はきっとくどくど述べる必要がありません。彼は贅沢な腕時計の注文して作らせる先に提唱された事物を開始して、すでに独自の特色を持った腕時計に対して現代化と個性化を行って改装して、、彼自分のでとても近代的に未来主義の風格は腕時計に弁別することができる特質を急ぎを与えます。