材料集計表に腐食するのに耐えるのが数種類の―腕時計の腕時計のバンドのどんな材質に付いている良いです

多くの友達は腕時計を買う時すべて比較的腕時計の腕時計のバンドの材質に関心を持って、腕時計の腕時計のバンドの材質の異なる一定程度の上で腕時計を決定して腐食する能力に耐えるためです。普通は、腕時計の腕時計のバンドは主に金属、貴金属、陶磁器、ゴムなどの材質を使って、もちろんいくつかの比較的少なく使う材質がまだあります。今小さく編んでみんなとこの数種類の腕時計のバンドが美点と欠点がなにかあると言って、一体それらのは能力に腐食するのに耐えてどのようですか?
1、材料の腕時計のバンドの金属製バンドに腐食するのに耐えます:精密な鋼

精密な鋼が文字通りだのはちょうどの中の精華、つまりいわゆる白い鋼の腕時計のバンドであるです。今大多数の腕時計はすべてこのような材質の腕時計のバンドを採用するので、長所がすこしのは比較的丈夫で、確定するのがのはかききずがあるだやすいです。316L精密な鋼はステンレスで、腐蝕性に耐えるのはとても強くて、質感はとても良いです。904L精密な鋼はとても耐熱のステンレスの合金で、21%に達するクロム合金の含有量、その腐蝕性に耐えて余裕で高い金属の材料と同じくらい美しいです。

2、材料の腕時計のバンドに腐食するのに耐えます:高い金属製バンド

高い金属製バンドのこれらの腕時計のバンドの仕事は比較的精密で、通常はプラチナの金、K金、銀などの高い金属の材料がつくるので、価格は比較的高くて、主に高級な腕時計を配置するのに用いて、例えば真珠や宝石の時計、名は表して、一定身分の人に比較的高級な場所がつけているように適合して、人に風格を更に備えさせて、一人の地位と素養を体現していることができます。

3、材料の腕時計のバンドに腐食するのに耐えます:陶磁器の腕時計のバンド

陶磁器の腕時計のバンドはなめらかできれいで、摩擦に強くて、皮膚を傷つけ(損ね)ないで、主要な成分は酸化ジルコニウムで、一定温度条件の下で良好な加工性能を獲得して、また先進的な加工方法を通して、作って妖怪になって美しい表す殻、腕時計のバンド、特殊な方法の各種の色をも通すことができて、更に現すのが華麗で気高いです。ハイテクの陶磁器はきわめて精密な酸化ジルコニウムあるいは炭化チタンの粉末を、粉末を高圧が型の内に注ぎ込んだ後にで、摂氏の1450度の高温の粉末冶金炉の内で結んで陶磁器部品を摩耗しにくいです;またダイヤモンドの粉末で磨き上げます。もちろんそれもタングステン鋼のように割れやすいです。